更新情報(twitter@pirafu250)

スポンサーサイトはてなブックマークに追加

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はてなブックマークに追加 別窓 | スポンサー広告 | top↑
手術後生活での一番の不安。初めてのタオル拭きとシャワーはてなブックマークに追加

2018-03-14 20:52
というわけで恐怖のタオル拭き。
右手を持って、そのまま装具を外してもらいます。
いままで城で守られてたのが、防御力もなしの丸裸でアリアハンに放り出される感じ。
装具って腕を吊るのだけが主目的ではなく、内側にスポンジがあって、肘が内側に着かないようにしてます。
今回繋いでもらったのは上側の腱板。
外側に開くときは引っ張られ、内側に閉じるときは伸びることになり、どちらもストレスに。
だから、ストレスの掛からない位置を維持するのが目的です。
 
だから、ストレスが掛かると明らかにわかります。
具体的には痛い。
痛いだけなら普段は我慢して動かしちゃえバリバリバリー!!っで済むんですが。
今はそれ、厳禁。
痛み自体よりも、せっかく繋いでもらったのがまた切れるんじゃないか?、という恐怖。
 
…というのは今になって冷静に書けますが。
この時は力の入れ加減も全く分からず。
いきなり手首あたりを持って自分で痛くない角度を探りつつ拭かれる、というかなりチャレンジングなやり方でした。
脇にペットボトルとか挟めば閉じる心配なくなって楽になるんですが…。まぁ拭きにくいですもんね。
 
片手で手術後の腕をノーガードで支えつつ、少しでも力の入れ加減を間違えたら激痛と切断の恐怖。
そんな簡単には切れないとは先生はいいますが。
そんなこと言われても怖い。。。的な。
この時の拭かれ方が怖すぎたせいで、シャワーとかしばらく浴びないでいいや。。。とか思いましたがそうもいかず、翌日は付き添いでシャワー。
 
付き添いといっても、付き添ってもらうのは装具の付け外しだけ。
下はその時は履いたままなので安心です。
装具を着けた状態でどうやって上を脱ぐかというと、入院前に右肩を切ってマジックテープで留めたのを何着か用意するよう言われます。

これさえ用意出来てたら、腕を通さなくても脚からシャツが脱ぎ着できるんですね。
で、普段のゴツい装具を外し、こうやって中にペットボトルを入れた風呂用の三角巾を付けます。

この間、装具のパッドを腰に巻いたまま作業すれば腕が閉じる心配もなく安心です。
  
そう、閉じたりしなければ、けっこう平気。
上から吊ってる必要はあまりありません。
だからけっこう何とかなりますよ。
だから最初のタオル拭きのときもペットボトル入れといてほしかったな。。。
  
と、最初のシャワーにして大体のことが出来るようになってしまうと、あ、後は一人でできますね、ってことで。
もう一回はチェックしてもらったんですが。
あとは好きなときにシャワー浴びて大丈夫ですよ、、と。
お墨付きと自由を手に入れたんですが。
 
さすがにもうちょいお世話されても良かったかな…とか。
ちょっと寂しいというか。
自由と引き換えに何かを失った感というか。
 
けど、手術後の生活で一番の懸念がシャワーでしたので。
これさえ出来たらこの生活も問題ないというか。
もうあとは何とかなりそう、という安心感が早く手に入ったので有りがたいです。
もう鍵盤断裂なんて怖くない!
いや、もう一回やるのは勘弁ですが。
はてなブックマークに追加 別窓 | 腱板断裂 | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
<<腱板断裂手術入院準備 | 転倒日記 | 肩鍵盤断裂手術、翌日の失敗。薬はとっとと使いきろう。 >>
コメント
コメントの投稿














管理者だけに閲覧

トラックバック
トラックバックURL

  • FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
  • | 転倒日記 |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。