更新情報(twitter@pirafu250)

スポンサーサイトはてなブックマークに追加

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はてなブックマークに追加 別窓 | スポンサー広告 | top↑
肩鍵盤断裂手術当日とその後 はてなブックマークに追加

2018-03-11 12:36
3/7入院して3/8手術してもらいました。
 
右肩にブロック注射してから全身麻酔。2時間ほどの手術で、予定通りに終わりました。
手術前に点滴をつけられ、そのまま待機。2件目でしたが予定通りに11:30頃に開始。

初めてなんで緊張します、みたいなお決まりの話をしつつも、「初めてなんで優しくしてね…」♡的な誰でも予想できて寒いオヤジギャグを言わないよう注意。
よく覚えてませんが、周りの機材見て面白ーい、的な発言してた気がします。ひょっとしたら覚えてないだけでオヤジギャグを言っていた可能性もありますが。

自分の名前と、施術の部位と内容を自分で言ってから手術。その先は覚えてないので、どっかで意識を失ったんでしょう。

手術後、呼ばれて手術台の上で意識が戻り、ちょっとぼーっとしてますが普通にお話してました。
手についた計器みて、「Sp-O2メーター、エベレストBC行った時に数値60台でした~」なんて話をしてた記憶が。あれは前?確か手術後だったと思います。
けど他の記憶はおぼろげで、あー、ベッド病室のにもう乗って運んでるのか~、とか話してました。

病室に先生とか看護師さんがきて確認とかしてきますが、全く問題なし、痛みも今んとこなし。
腕の下にクッション入れるのに「ちょっと肩浮かせれる?」と聞かれてガバッと動かしたりしたら、なかなかそんだけ動かせる人いない、と言っていたので、麻酔からのリカバリーは良かったようです。

ごはんも16時ごろに術後の中間食のパンを、18時にはごはんを食べてます。
パンは我慢しようかと思ったけどチョコパンだったから仕方ない。仕方ない。

けど、この時点ではまだ肩の神経ブロック注射が効いてるんですよね。肩周りを触っても感触がなく、これ切れたらどうなるんだろうなー、と思いつつ強がってました。

夜になり20時前には、じわじわ痛くなってきました。肩を触ってみると感覚が戻り始めてる。
あーこりゃ、明らかに連動してますわ。
感覚が戻りきった時の痛みや如何に!?
消灯の23時頃には痛みはMaxに。
折れた骨を動かすほどの痛みはないけど、静的な状態での痛みとしてはかなりのもん。

「あーこりゃ今夜は一睡もできないな。。。」と覚悟を決めます。

どんな痛みかというと、寝て我慢しようかとしてたら痛みで意味もないのに姿勢を変えたくなって、起きてうずくまってたら痛みでまた寝て、ってのの繰り返し。

しかしここで強い味方。点滴の分岐に、ボタンのついたボトルが!

この先に

あー、アレだ!あの使いすぎたらダメな系の麻酔薬っていうか清に売っちゃうやつだー!

って現代の医療なのでそこは中身も制御もコントロールされていて、ボタンを押したら2mlだけ。そこから30分は押せません。
しかも大して効かない。
なんかフワッとした感じがするけど痛いもんは痛い。いつ押せるのかもよくわからん。けっこうしっかり押し込まないといけないのも最初わかんなかったし。

あと問題が。
ボタンを押す時と戻るときにカチッとはっきりプラの音がするんですよね。。。
4人部屋で夜中に何度も定期的に押すのは顰蹙なような。。。
けど、背に腹は変えられません。
だから入院するときは耳栓必須ですね。
膝とかは回転が早い病院だと誰か一人は呻いてたりするし。

そんなこんなで激闘の夜。
気が付けば2時か3時には意識がなくなったのか朝を迎えました。
痛みはまだ残っているけど、昨夜のような激痛ではありません。

あれ?嘘?ホント?
また痛くなっちゃうんじゃないの?


と思ったけど、あの激痛はホントに初日の夜だけでした。
よし!勝った!第3部完!!
とか思ったけどまだあんな罠が待っているとは。。。

続く
スポンサーサイト
はてなブックマークに追加 別窓 | 腱板断裂 | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
| 転倒日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。