更新情報(twitter@pirafu250)

スポンサーサイトはてなブックマークに追加

-------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はてなブックマークに追加 別窓 | スポンサー広告 | top↑
スポーク調整(してないはてなブックマークに追加

2006-01-18 23:54
transworldmotocross超意訳

昼休み(+α)、暇だったのでhow toのコーナーを読んでみた。
自転車乗りなら当然知ってる内容だったけど、バイクだけの人には参考になるかな?

---------
トルクレンチ型のスポークレンチいいよ!超オススメ!
僕はfasst corp.のを使ってるよ。http://www.fasstco.com/

ちゃんとチェックしとかないとババの首振り人形みたいにグラグラさ!
(雑談は面倒なので中略)

検査:
新しいバイクのスポークをチェックするのは重要。
最初の数時間は20~30分ごとにチェックしる。
古いホイールのニップルにはWD-40(CRC556みたいなの)をちょいスプレーするのがいいかも。

スタンドに立ててホイールをフリーにして、手で握って圧をかけながらホイールを回していって、特に緩んでいるところがないかチェックするんだ。
昔ながらの方法で、レンチで軽く叩いてみる。
高いピッチのキンキン音は大抵閉めすぎ。ダルいゴツんとした音は緩い。
正確なトルクレンチがあれば、あてずっぽうさを排除できる。

3つおきに締める:
始める場所を選んで、例えばrimの溶接痕とか、回しても見失わないようにする。
このとき必要に応じて締めたり緩めたりし始める。そして右を締めた、左を緩めたと覚えておく。

注意:
古いホイールを使っている場合、もしくは初めてでスポークの状態がわからない場合、それぞれのニップルを締める前にちょっと緩めるのはいい考えだ。
もしそれが錆びたり固まったりしていた場合、トルクレンチの読み取りに失敗するから。

最初のspokeにとりかかるとき、それを1/4締める。規定トルクより手前でbreakしないようなら、だ。次の2つのスポークを飛ばして3つめにとりかかる。締めて、2つskipして、そして3つめに、、、
これを続けると、ホイール3回転で均等に締められるはずだ。
もし最初の1/4で規定テンションに届かないのがあれば、このパターンをすべてのspokeが規定トルクになるまで続ける。


振れ取り(Wheel Truing)

ペンをつかったテクニック:
もしシビアな振動が出ていて振れ取りが必要だと思えば、振れ取り台なしで出来るオススメの方法がある。
Sharpie(商品名)のようなペンを持って、バイク上に手を固定する。
フロントフォークでは僕はフォークガードを使うね。リアならスイングアームかな。
そしてペンが触れないように近づける。そしてホイールを回すんだ。
リムが振れてペンに触れるポイントがあれば、そっち側のspokeは締めすぎだ。
マークの付いた側の周辺のspokeをゆるめ、反対側を締めよう。

こうしてペンを使って両サイドを振れが取れるまで続ける。
極端な場合は完全には仕上がらないだろう。
一度まっすぐになれば、あとは例の"3つ毎"のやり方で正しいテンションにするんだ。
------------------

まぁこんなことは当然知っていたわけですが(読んで損した)

……実践しているか(できるか)はともかくとして!!!
(;´Д`)y─┛~~

ニップル用のトルクレンチはちょっとほしいかも。
自転車用にも使えればいいのに。。。
スポンサーサイト
はてなブックマークに追加 別窓 | 整備 | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
| 転倒日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。