更新情報(twitter@pirafu250)

JEC全日本エンデューロIBクラス12位!はてなブックマークに追加

2017-06-23 21:37
今年からIB、国際B級ってやつになりまして。
正直、20位までに入って1ポイントさえ取れればOKかな、と思っていたんですが。 

開幕戦の広島に初参戦したところ、19位で2ポイント獲得しまして。
 ああ、今年の目標は達成したな、と。
 
今年はもうこれ以上はいいかな、と。 

けど、先日でた勝沼のクロスカップ。
 はじめてトップから周回遅れにならずにすんだ、という自分にしては快挙。 
何よりハイスピードなレースでは珍しく楽しく走れました。 
これならハイスピード系のレースでも前よりは楽しめるかな、と。

 そんな、いつもよりちょっと前向きなレース。
 コンディションはドライ。
コースはハイスピードだけどそれほどMX的な要素は多くない感じ。

 そんなハイスピード系で12位で9ポイント。
 IB身内バトルでは和田ぽん、ヒロシさんより上、11位のtanajiの9秒遅れ、という出来すぎの結果でした。 最初、リザルトのミスでtanajiと順位入れ替わってたんですが、
訂正されて12位。 
勝てなかった、というか。 
勝つつもりもなかったのでむしろほっとし、というか。

 まだ早いかな~、というか。
心の準備ができていませんでしたので。 
ていうか絶対いじめられるやん。

 順位自体は参加人数の問題だったりするのでそれほど大事じゃないんですが。
まわりの速い人たちと並んだところに居られるっていうのは素直にうれしいですね。 
あとは楽しく、気持ちよく走れたのがよかったです。 

さてこの調子のまま日高に... はまだ先の話なので、まずは7/2のクロスカップあたりですかね。
 また楽しく気持ちよく走れれば、と思ってます。
はてなブックマークに追加 別窓 | エンデューロ | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
大人の?休日はてなブックマークに追加

2017-05-29 09:17
谷田部と成田行ってました。
谷田部は雨上がりで少しチュル気味から乾いてきてコンディションの変化が楽しかったです。

ていうかここ、ほんとエンデューロの細かい難しいとこの練習になりますね。
もうすぐ無くなってしまうのが残念。
ブランコから木を見上げてるとアマガエル発見。

谷田部でしっかり走った次の日は、筋肉痛を感じながら成田へ。
こんな遊んでていいんでしょうか?

成田では到着後、時間があったのでブランコで人が車でウトウト…、来ないので泥池に罠を仕掛けに。
テントウムシを発見。
マクロレンズで撮ります。

さて、成田に有名な羊肉店があるというのでセローで偵察兼買い物に。
ジンギスカン用の肉を1kgとラムチョップ10本。
ノンアルコールビールとモヤシも。
今度泊りでジンギスカンしようかな。要予約。


さて、そろそろいいかな、ってことで罠を上げたらアメリカザリガニが入ってました。
餌はビーフジャーキー。
ていうか、こいつら何でも釣れますね。
彼らはスッポンの餌になりました。
コマさんがいいペースなので追っかけまわしたり、まくすさんが速くてぶっちぎられたりとか遊んでるうちに16時で終了。

いやー、今週末も遊んだ遊んだ。。。
楽しいこといっぱいの大人の休日。。。

…ていうか、リストアップしてみると、

何かこれ、小学生の夏休みっぽいですね。

大人の小学生の夏休み。。

これでいいのか。。。?
まー楽しかったんでいいんですが。
はてなブックマークに追加 別窓 | etc | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
JECエンデューロ富山大会コスモスポーツランド エントリーはてなブックマークに追加

2017-05-24 22:27
JEC富山エントリーしました!

うちから一般道だと10時間以上、高速使っても6時間くらい
となかなかの距離になるのでこれまでエントリーしたことなかったんですが。

 先日の広島、せっかくIBクラス初年度なのでなんとか1ポイントくらい取れないか、というくらいの気持ちで出場したところ17位4ポイント取得できまして。

 
せっかく広島出たんだし、全戦出てみようか

という気持ちがチラチラと。 

富山って行ったことないんですよ。
日本全国は通過するだけならほとんど通ってるんですが。
ほら、北陸ってなにもな…じゃなかった、移動で通ることはないですから。
北は新潟止まりだし、西日本から帰る時も北は通らないし。。。

けど、好きな酒蔵は富山あたりにいっぱいあるので勝手に馴染はあるんですが。
とか美味しいですね。

というわけで、レース出るついでに泊まって酒でも飲んでこようかと。

泊まって。。。
駐車場で車中泊あたりで。。。
ほら何かと物入りですから。

あ、レースエントリーしなかったらいいとこ泊まってノンビリできるのでは!?
…確かにそうなんですが。

…確実にそうなんですが。

そんなまさに本末転倒なのも面白そうなんですが。
もう払っちゃったのは仕方ないので素直にレース楽しみます
はてなブックマークに追加 別窓 | オフロード | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
JEC全日本エンデューロ広島大会テージャスランチ はてなブックマークに追加

2017-05-13 08:15
JEC広島いってきました!
これまで避けてきた広島、今年から国際B級になったから、ってわけでもないんですが、自分が今のままでIBとしてどれくらい通用するか、というか今までのタイム的に下位なのはわかっていますが、せめてポイント取れるかな、というチャレンジな気持ちもあって参戦です。 

日程はゴールデンウィーク最終日の日曜日。
翌日休みをとって、IAのbigmanの車にIBのtanajiと載せてもらっての参戦です。
IA様とIB様とか、何だか凄そうな体制に見えますが自分が一気にレベル下げてる感ありありです。

途中の姫路でお好み焼きと姫路城、着いたらまたお好み焼き、というハードスケジュールでしたが無事にたどり着きました。

コースはモトクロスコースがルート、山コースがテストという最高の条件です。 
正直、モトクロスコースがテストだったら最下位、いや頑張って最下位から2番目、と思っていたんですが、少し戦えるかも?という希望が見えてきます。
とはいえもともと玉砕覚悟だったので精神的には変わりません。敵は他人にあらず。今回の敵はIA/IBクラスのタイム設定です。

ご存知の通り(?)、エンデューロは設定タイム丁度にルートを通過するのが最低条件ですが、IBクラスのタイムはIAと同じ。
1,2周はNと同じ40分、3,4は35分、5,6は30分、最後の7周目はなんと、25分です。

1周目に帰ってきて時間を見ると36分…んん!?ダメじゃん!?ってパルクフェルメInの時間と勘違い。実際は26分でした。。。。っておい、いきなり間に合ってないやんけ。
これは結構頑張らないと25分間に合わない。。。
テストの2周目は7分49?くらいでいけるかと思ったら、前に詰まったりコケたり疲れたりでその後は8分台だし。
んーけど頑張って問題もなければ行けそう、ってギリギリ感は嫌いじゃない
ナショナルでは時間が余りすぎて緊張感なかったので、こういうピリピリした感じは嫌いじゃない。

多分ナショナルのタイムで走ってればそんなに疲れはしないんですが。
ルートでも最終周のシミュレーションでペースを上げたりしていないので、段々と疲れが溜まってきました。ペース上げて疲れたままテストに入ったりとかしてドツボ感。
25分なのは最後の周だけなんで、それまでは多少体力を蓄えておくべきでしたね。
けどそんな作戦も立てられず。
こういう予定が狂ってくる感は面白い。安全なら多少のサプライズは楽しみのうちです。

さて最後の周、タイムチェックでも時間をかけたくないので時計のすぐ前に。記入してもらってスタート、ペースをあげてダッシュ!
と、草原部分で盛大にミスコースw
ミスコースというか、強風でコーステープが切れてわからなくなってました。
こういうのも想定して、ちゃんとコース覚えて走らないとダメですね。スピード出すとついテープ通りに走ってしまいます。

このロスタイムが結構大きく精神的なショックも大きくw、テストにたどり着くころには疲れたまま。
テストのスタート待ちでは前にナショナル2名と、MXじゃなくてトライアルIBのほうのカワムラヒロシさん。
前の周にシフトレバーをグンニャリと曲げてしまったカワムラさんですw

カワムラさんはうまいこと声かけて前に行かせてもらったのですが、なんとなくタイミングを逸したというか、クラス違うからって二人も前に行ったら悪いかな、という無駄な遠慮からそのままに。
もうちょい積極的にいかないとなぁ、とは思うのですが、IBのタイムがこんなに厳しいのって何となくしか知らないかもなぁ、と思うとなかなか。
まーここはIBの側が頑張るしかないですよね。

テストはわりと調子よく行ったものの、オーバーテイクにかかった時間も身体の疲れもかなりきてたのかまた8分切れず。
さてあとはルートを急いで戻らなきゃ。
けど予想以上の疲労感で身体が動きません。
ほんと、時間制限がボディーブローのように効いてきます。 

それでも頑張ったんですが途中の自分よりペースが遅い人を抜く気力も足りず、1分の遅着となりました。
結果はライブリザルトの時点で17位。
ペナルティ1分があるから20位のポイント圏内からは落ちるかな、と思ったのですが、周りもそうなのか最終的にも17位、なんとか4ポイントを獲得することがてきました。

初IBクラスにして初のポイント獲得!
いやこれは嬉しい。
コンディションがドライで走りやすかったことにも助けられましたが、足りない時間と戦うエンデューロの楽しみを久しぶりに味わえました。

あーけどさすがにIAクラスと同じは厳しいな~、とは正直思いますが、まーオンタイムじゃなきゃ死ぬわけでもないし

タイムアウトで二日目出れないとかは困るけど。
幸い全日本は2daysでも別れてるみたいだし。
次の富山も出ようと思います。
それまでに、スピード上げた時の体力をつけないと。
そんな必死にはやらないけど適当に頑張ります。
はてなブックマークに追加 別窓 | オフロード | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
エンデューロで大事なのはまず体力だ。ていうか最低条件。 はてなブックマークに追加

2016-01-29 00:30
久しぶりに本気でランニングやって、2016年01月で205km走りました。走り始めこそはキツかったですが、慣れると10km.くらいなら大丈夫ですね。

走り始めは絶望するレベルで筋肉になったりしますが、慣れるとなんてことなかったり。もっとも、それも毎日のランニングを超えたあとの話ですが。
いやこれいいっすよ。楽しいです。200kmつまり20数時間をランニングに費やしてきたんですが、楽しいです。何よりも感じるのが体力のドーピング感。これまで疲れ果ててたとこでも余裕です。
最近、太田さんことMCSクリタさんとこのオーランドに練習兼合宿に行ったんですが、太田パパに言われました。エンデューロはスポーツなんだから体力も大事。確かにそうです。自分のダメなとこを教えてくれる人って大事だな、と思います。
ていうか太田パパに、50cc対決だと全く歯が立たなかったんですが、FAでも、いやだからこそ全く勝てる気がしないので、もうどうすればいいんですかね?出来ることといえば、またオーランド行って教えを請うくらいですかね…
ていうかタイムアタックもさせてもらったり、ウッズ好きにはたまんないコースでした。宿泊施設もあって静岡方面の木の間アタック好きには絶妙のコースでした!
はてなブックマークに追加 別窓 | etc | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
JEC-lite 絶賛受付中。はてなブックマークに追加

2012-01-10 02:39
1/28(Sun)に、谷田部で開催されるJEC-lite.


JEC-lite

現在、絶賛エントリー受付中です。



ルールは簡単。SSのみ
要するに、10分くらいの(?)テストをこなせば上が狙えます。

エンデューロって、特にクロカンだと、けっこうキビシイです。
3時間集中力保つとか、普通の人間無理だから。
これに対し、オンタイムエンデューロなら、テストで5~10分気合入れればOK!!!
楽です。
むしろルールさえわかれば初心者向けなんじゃないか?とはいつも思ってましたが。

JEC-Liteは、
難しいルールはなくしてSS勝負!!!

いいですね。
集中したぶん、タイム出すだけに集中したときの、いつもと違う自分の走りが見れたり。
そして、一発のミスの後悔っぷりが半端なかったり。
どちらも楽しいものです。

まだ受け付けてますので、まだの方は是非。

あ、instagramの写真アップしてますので、iPhoneユーザーは是非、instagramをダウンして見ていただけると。
web.stagram.com/n/magoshi_yz250/





はてなブックマークに追加 別窓 | etc | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
ISDE2012ドイツは、9/24-29開催なのでヨロシクですはてなブックマークに追加

2011-01-15 13:00

2011年のISDEもまだですが、
っていうか、そっちはもう準備とか間に合わないですが。
2012のドイツ大会の準備はそろそろ考え出しますか。
ということで、
ISDE2012ドイツは、2012/9/24-29です
現地は当然、もう動き出しているみたい。 
当然、州知事や地域のバックアップで。
---------以下、訳してみました
モータースポーツファンの皆様へ
23年のInternational Six Days Enduro(ISDE)の歴史の中で初めて、このエンデューロの世界大会が、2012年ドイツで開催されようとしている。
500人以上の世界中からのライダーがSaxonyの中西部を1,000km以上走る。ドイツ、とりわけSaxony(ザクセン州)はエンデューロ競技の長い歴史をもつ。1960年代のSix DaysでのMZの偉大な成功を思い出すだけでいい。ドイツの年間シリーズ"Rund um Zchopau", "Dehlen"はこの伝統を受け継いでいる。
FIMのISDE開催地の決定は明確に10対1でドイツということになった。ドイツのモータースポーツ連盟(Deutscher Motorsportbund, DMSB)は既にADAC SachsenだけがドイツでのSix Daysのホストになれることを知っている。
ADAC Sachsenは再びチャンピオンシップを主催し、同時に地域経済を振興する。およそ300,000の訪問者と参加者が30以上の国からSIX Daysを楽しみ、我々のここザクセンの美しい展望、景観を知りに来ることが期待される。この地域のホテルは約60,000の14日間の宿泊で一杯になることが期待される。この種のイベントには徹底的な準備が必要であるため、ADAC SachenはISDEに名乗りを上げたとき既にこのイベントの準備を始めている。
しかしながら、我々はこのイベントが地域クラブ、パートナー、行政の協力のもと成功することを確信している。ADAC SachsenもまたISDEザクセンの準備と主催をする政治家、ビジネスに頼り、故に我々はザクセン州知事(Saxon Prime Minister)がこのイベントのパトロンであることを誇りに思う。

はてなブックマークに追加 別窓 | ISDE2012Germany | トラックバック(0) | コメント(4) | top↑
ISDEメキシコでのイシゲインタビュー(日本のライダーが見せるISDE魂)はてなブックマークに追加

2010-11-05 11:47

 

マシントラブルとなってしまいましたが、イシゲさんのインタビューが良かったので訳してみました。

引用元: JAPANESE RIDERS SHOW ISDE SPIRIT(日本のライダーが見せるISDE魂)
http://www.fim-live.com/en/media/news/news-detail/article/1288862868-japanese-riders-show-isde-spirit/

---------

こういった特別なイベントであるFIM ISDEを形作っている多くは、Motorcyclingのオリンピックとして知られる多くのイベントで競争する様々な国々だ。今日のグローバル経済の停滞の中でも、そして今年のメキシコでのISDEでの根拠のない安全の懸念の中でも、素晴らしい28の国がMoreliaへの旅を行った。

日本から彼の夢を追ってはるばると旅してきた38才の池田智泰(イシゲ)は、そのISDEの類の無いスピリッツを象徴する。E2クラスでジャパントロフィーチームの一員として走り、2009年日本エンデューロタイトルを獲得した池田は世界のベストライダーたちの中での競争力があることを見せた。

「 ISDEは僕の夢、毎年最も楽しみにしている大会なんです。僕はバイクに乗るのが好きだけど、ISDEで特別なのは多くの国の多くの人達と一緒にバイクに乗ることです。僕はシックスデイズの一員としてここメキシコで乗る機会を得たことを誇りに思います。他の国からももっと多くのライダーに来てほしいですね。」

「これは僕の4回目のISDEになります。最初のポルトガルではフィニッシュできなかったけど、ニュージーランドと去年のポルトガルでは(あれ?チリだよね?)どちらもシルバーメダルを獲得できました。今回は困難なのは分かっていますがゴールドを獲得するようにします。初日は体の調子が悪かったんですが、リザルトには影響ありませんでした。今回、僕の兄も調子よく乗ってます。彼はジャパンクラブチームの一員なんです。」

 「僕の将来の夢はいつか日本でISDEを開催することです。それは困難であるとともにお金もかかるでしょう。けど、素晴らしい大会になるでしょう。今のところ、僕の目標は50歳になるまでできるだけ多くのISDEに出場することです」

 

はてなブックマークに追加 別窓 | オフロード | トラックバック(0) | コメント(3) | top↑
2DAYS とよね ADVENTURE エンデューロはてなブックマークに追加

2010-07-15 08:46
さて、今週末はアドベンチャーとよね
CGC、いわゆる中部ゲロカップです。

中部ってことでちょっと遠いんですが。
っていうか場所調べて無くて知らなかったんですが。
…こりゃ遠いっすね。
浜松まででも心が萎えそうですが、そこから60Km以上あるし。

ですが、今更引くわけにはいかないので。
漢として。
クラスはONEEMAN'S Xだとしても。。。
やっぱウェアはピンクっぽいのがいいんですかねぇ…?

…なんかエントリー増えて阿部 高和とかいるし…ウホッ!

はてなブックマークに追加 別窓 | etc | トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
会社サボってセローはてなブックマークに追加

2010-06-11 22:42
会社サボってセロー乗りました。
つっても、幕張メッセの展示会行ってたんですが。

内容は期待してなかったけど、O'REILLYの本が2冊で1000円だっ たりとか、色々収穫もあったり。
ついつい4冊も買ってしまって重い重い。
中でもHead First Algebraが面白いです。
簡単な本ですが、英語なので用語の確認に。
Head Firstシリーズ、他も買っとけばよかった。。。

それはともかく、セロー。
前回乗ったのはいつだったか。
少なくとも、冬の間は乗った記憶はありません。
お台場ガンダム見に行った記憶はあるので、その後パンク修理して、、、
まぁ10とか11月とかその辺が最後。

半年以上乗らなかったんだから、当然押しがけだよなぁ。。。。
と思ってたんですが。
キュルキュルと、セル1発でか かりました。
正確には、最初コックがoffのままだったので、2発。
まぁ、コックoffだったから良かったんですが。

いやはや、素晴らしい。
YZ450FだとかYZF-R1だとかの技術もいいんですが、
本当に役に立つ技術力、いい製品ってのはこうだよなぁ。。。と。

しかしセロー、XT225WEなんですよね。
'97だとかそんなとこ。
設計はもっと昔だし。

今のメインマシンもYZ250も設計は10年以上前だけど、エンデューロなら現役。
ていうか、他のマシン選べないくらい良いマシンです。

技術開発ってどこに向かっていけばいいのかなぁ…と か。
細部の改良も大事だけど、新しいモノ欲しくなるような、画期的なものが欲しい気がします。
あ、お金が無制限にあったらWR250Rもほしいけど!

 
はてなブックマークに追加 別窓 | トレール(セロー) | トラックバック(0) | コメント(4) | top↑
WERIDEはどうかと…三宅島イベントはてなブックマークに追加

2010-06-07 23:32
週末は三宅島のイベントでお台場へ。
けど走らないと落ち着かないので、土曜日はデコボコへ。
日曜は朝からイベント見ながら飲んでました。
デイリーストア万歳
最近は土日両方は遊ばないことにしてるんだけど、たまにはいいでしょう。
たまに?

もちろん、目的はエンデューロクロス。
FMXも楽しみだけど、やっぱエンデューロ。
贔屓目なしにしても、面白いはずですもん。
実際、事前にyoutubeで見たUS版に回すとも劣らない、
生で見た分、確実にそれより盛り上がったし。
ドーム…!!はすぐにはともかく、あれなら誰が見ても面白い!!

もちろんトップライダーのおかげでもあるんですが、
ある意味、別レースとして、
クラス分けを厳密にさえすれば
もっとレベルが下でもある意味楽しめそうです。
自分レベルでは見世物として。えぇ。
1,2本なら本気でありだと思います。

トップライダーのレースとしては、
今回しょうがないんですが、やっぱり長さでしょうか。
純粋なレースとしては、もうちょい長さがほしいところ。
エンデューロクロスでは最後のフラフラ具合も見物なので。
余興でなく本気のレースとして考えれば、その辺が欲しいところでしょうか。
今のところ、怪我が怖くてできないですが。


あと、あえてイベントへの苦言をば。
WERIDEはちょっと…
せめて間のスペースをもっと開けて…
we rideとかならそうは見えないんですが。
WERIDEじゃ、「WEIRD(奇妙な、気味の悪い)」に見える…
至らないこと気にしすぎですかね?

はてなブックマークに追加 別窓 | etc | トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
ISDE2011フィンランド大会に向けてはてなブックマークに追加

2010-05-10 03:14
いや、2010がまだですから。
今から2011の話…
といっても、行けないのであまり関係ないのですが。
あ、2012のドイツは行きます。きっと。

フィンランド。Suomiが正式かとおもったらこれも略称だとか。
人工少ないくせにノキアがあったりラリー強いわエンデューロ強いわ
わけわかんない国。
Linusもフィンランド人だし。偏屈だけど。あ、だからか。

そんな感じで北欧に縁がある某氏(へなp)と話してたんですが、
有名なフィンランドジョークをご存じなかったようなので。
コピペまとめサイトのを上げておきます。

+15℃。スペイン人は毛糸の帽子をかぶり、手袋とコートを着用。フィンランド人は日光浴をする。

+10℃。フランス人は集中暖房をつけようとむなしい努力をする。フィンランド人は花壇に花を植える。

+5℃。イタリアでは車のエンジンがかからなくなる。フィンランド人はオープンカーでドライブする。

  0℃。蒸留水が凍る。フィンランドのヴァンターヨキ川の水は、ほんの少し凝固する。

-5℃。カリフォルニアでは住民が凍死寸前。フィンランド人は庭で、夏の最後のソーセージをグリルする。

-10℃。イギリスでは暖房を使い始める。フィンランド人はシャツを長袖にする。

-20℃。オーストラリア人はマヨルカ島から逃げ出す。フィンランド人は夏至祭りをおしまいにする。秋の到来である。

-30℃。ギリシャ人は寒さで死亡。フィンランド人は、洗濯物を屋内に干し始める。

-40℃。パリは凍えてガチガチ音を立てる。フィンランド人は屋台に行列する。

-50℃。シロクマが北極から退避しはじめる。フィンランド軍は、本格的な冬の到来までサバイバル技術の訓練を延期する。

-60℃。コルヴァトゥントゥリが凍結。フィンランド人はビデオを借りて家の中で過ごすことにする。

(コルヴァトゥントゥリはフィンランド北部・ラップランドにある山でサンタクロースが住むとされる)

-70℃。サンタクロースが南方へ引っ越す。フィンランド人は、

      コスケンコルヴァを屋外に保管しておけなくなり、いらいらする。フィンランド軍がサバイバルの訓練を開始。

(コスケンコルヴァはフィンランドの蒸留酒でアルコール度数が非常に高い。通常、飲む前にビンごと冷凍庫に入れて冷やす)

-183℃。食品の微生物が死滅。フィンランドの牛は、乳しぼりに来る人間の手が冷たいと文句を言う。

-273℃。絶対零度。あらゆる原子の運動が停止。フィンランド人は「くそっ、今日はずいぶん寒いじゃないか」と言い始める。

-300℃。地獄が凍結。フィンランドがユーロヴィジョンで優勝する。


----
原文はこちら


はてなブックマークに追加 別窓 | etc | トラックバック(0) | コメント(3) | top↑
2010 SUGO 2DAYS ENDURO 無事終了はてなブックマークに追加

2010-03-24 16:47
今年もSUGOが終わりました。

先の降雪でマディが予測されていましたが、着いてみたら拍子抜け。
全面ドライでのレースとなりました。
残念ながら以前のマディのリベンジはなりませんでしたが、これはこれで楽しいです。
マディだと、せっかく開拓していただいたコースもカットになっちゃうし。

さて、今回の結果はBクラス21位、B2クラス7位、と芳しくない結果。
リエゾンは調子良かったんですが<意味ない
最初のエンデューロテストから3回コケて、その後もほぼ全テストでコケたことを考えれば、まぁそんなもんかな、と。
二日目もエンデューロテストで谷地にハマったし。。。
まぁ、みんなそれぞれミスしてるんでしょうが。

…と思ってたんですが、あんだけミスっても去年と大して変わらないので、良くはなってるんでしょう。
2st250で空けて走るのがようやく出来てきた気がします。

2days出場もすでに5年目。

これまでの成績は
2009 B 17位  B2 5位  YZ250
2008 B 30位くらい?  WR250F
2007 C1 2位       WR250F
2006 C1 DNF    '02 WR250F
って感じ。

2006年なんかはアレですね。二日目のマディでCクラスほぼ全滅の年ですね。
そこから段々レベルを上げていって、Aは無理として、Bの上位に食い込めるようにしたいものです。

出費的にはかなり厳しいですが、できれば来年も出たいところ。
来年は順位も上げたいところです。

はてなブックマークに追加 別窓 | オフロード | トラックバック(0) | コメント(3) | top↑
サスオーバーホール時のエアブリーダー保護はてなブックマークに追加

2010-02-22 00:53
オーバーホール、もちろん自分じゃやりません。
出来ませんし。
ということで、今回はピュアテックさんに。

けど、送ろうにもエアブリーダーキャップをつけたまま。
元のねじはどこかにあるはずなんですが。。。見つからず。
見つからないのはないのと一緒です。むしろタチが悪い。

というわけで、ホームセンターで買ってきたのがこちら!

まぁ。。。役には立ちそうですが。。。
ちょっとエッジが立ってるので危険が危なそうです。
そんなわけでこちらはお菓子作りに使うことにします。

ということで探した結果、パーツクリーナーのキャップに決定!

うん、ぴったりフィットでグー。
まさに誂えたかのようです。あつらえた、ってこう書くんですね。
パーツクリーナーならどこのご家庭にもありますし。知らんけど。


これにガムテープ巻いて固定。
これで大丈夫でしょう。

これやらないと、ブリーダーが押されてオイルが漏れたりします
えぇ、前にやりましたとも。
行きに漏れるのはいいけど(いや、良くはない)、帰りに漏れると泣くしかないですから。

そんな工夫する前に純正のネジをとっておけ、って話もありますが。
無いものはないので、今日なんとか出来る話じゃありませんので。
あるものでなんとか工夫する、ってのもエンデューロでは大事です。
って、この話がエンデューロを語っちゃうほどの大事な話かは置いておいて。
まぁなんだ。手段のためには目的は選びませんので。





はてなブックマークに追加 別窓 | 整備 | トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
661のボディプロテクター ROGUE はエンデューロにいいかもはてなブックマークに追加

2010-02-21 00:30
プロテクター買いました。
SIXSIXONEのROGUEってやつ。
あ、もちろんMC GEARで。
いつもお世話になっております。


詳細はこちら。

いや、前のハードタイプ割れちゃって。

そこで、軽くてインナーに使えるものがないかなー、と思っていたんですが。
MC GEARでありました。
プロテクション範囲は狭いですが、急所は保護して最小限、
動きは全く邪魔にならず、軽いです。
後ろはソフトシェルだけですが、どうせレースのときはキャメルバッグ背負うので。

エンデューロだと、けっこうこれでOKなこと多い気がします。
もちろん、強固なガードが出来ればいいんでしょうけど。
軽さ優先で必要最小限にしたいことだってありますので。
ほら、スポンサーロゴみせたりとか。ないけど。

ていうか、元のガード。ハードタイプのですが。
…あの素材が割れるってどんな衝撃やねん、って話ですが。
まーあれも運次第ですので。
はてなブックマークに追加 別窓 | オフロード | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
ガッツ木更津ED~敗北はてなブックマークに追加

2010-02-01 00:29
ウイリー松浦さんとこの、ガッツ木更津オールマイティーエンデューロに出てきました!
一応ウイリー松浦ファミリーですので。一応。

そしてまさかの敗北…
 
37262262_390245359_small.jpg
yukさん@東京林道ガールズに…


2010年はろくな年にならなそうです。



あ、けどマシン壊れてなくてラッキーでした。
今度からはキャブ開ける前にアレをアレしようと思います。
はてなブックマークに追加 別窓 | オフロード | トラックバック(0) | コメント(7) | top↑
白井トライアルパーク試走会はてなブックマークに追加

2010-01-22 01:53
ということで白井トライアルパークにいってきました。
えっと、トライアルIAにてMXレディース参戦中の川村真理子選手のホームコース(っていうかホーム?)ですね。

えっと、トライアル場です。名前のとおり。
トライアルバイクでないと走れません通常は
けど今回、特別に試走させていただきました。
あ、もちろんトライアルタイヤ装着です。


写真は自分が写ってたので東京林道ガールズから一枚拝借


トライアルパークはこんなところです。
…て、一般の人、どん引きじゃね・・・?
大丈夫、トラタイヤだから岩でも安心です。


ちゃんと土のところもあるよ!
ほら、走りやすくて安心。


あんまり楽しくて氷の上で激しく転倒している人も。
自分もついつい何度も走ってみました。
いや、危ないすね、氷。


最後のガレ登り3往復は楽しかった!
最後に枝が目に入ってコンタクト破れるくらい楽しかった。。ゴーグルしよう。。。

石切り場とかのあるところなので、全体的にガレっていうか巨大な岩が多いです。
これがトラタイヤだと楽々いけたりしてびっくり。
いや、トラの人みたいには行けないですが。
すんごい広い、面白い!
こりゃ練習になりますわ。

で、こんなトライアルパークですが、今後、エンデューロバイクも走れるようになるかもしれません。
春過ぎくらいから。
当面、タイヤ制限ありで、まだ何度か試走会したりとか、あくまで分かる人の案内つきでとかになりそうですが。
詳細は真理子さんとこをチェック!

帰りは、このへんでは茨城ならではのコンビニ、セイコーマートでプチ北海道気分を満喫して帰りました。
グランディア(コーヒー)安いyo!


はてなブックマークに追加 別窓 | etc | トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
今更ですが、トラタイヤの是非とかはてなブックマークに追加

2009-12-08 01:51
乗り遅れましたが、なんだか盛り上がってたみたいなので。
個人的には使ってみたい人で、とりあえずセローには入れる予定です。
スプロケは14x50で。
エンデューロで、YZで使うかは微妙です。単にタイヤ交換面倒なだけですが。

「トラタイヤで、タイヤ選択で勝っちゃうってどうなの?」
これ、思ってる人はかなり居ると思います。
自分もわりと近い感覚はあります。自分は面倒なので言わなかっただけですが。ええ。
ていうか何となく見た目的にカッコ悪い感はあります。今のところは、ですが。
むしろそのカッコ悪さが好きだったりしますが。自分で使うなら。

路面次第では、MXタイヤでは腕に関わらず絶対に行けないところを、トラタイヤは行けることがあります。
そうなると、まったく違うレースを走っているようになりますね。
水が流れてる岩盤の滝なんかは、MXタイヤじゃ物理的に無理ですんで。
空気抜いても意味無いです。ハード用タイヤでも多分同じ。
MotoGPやF1でも、タイヤ選択でぶっちぎり、ってのはイマイチなレース展開。
たまにあると面白いですけどね。大番狂わせもあって。
また、仮にF2小湊でまたレースをやるとしたら、トライアルタイヤ1択でしょう。
あそこなら、レギュで決まらない限り、使わないほうが損です。
主催者があえてそういうコースを選択してきたなら、使わない手は無いですね。

ただ、トラタイヤの人が場面によって苦労する様も見てきてるので、
自分が新しく用意して履くのは…面倒な感じ。
色々試してデータ取るのが面倒、あとタイヤ交換が面倒です(主にこちら)
ちばてつさんやAD/tacさん等、現在、あえて難コンディションでも使って
データを集めてる方々には頭が下がります。

自分の意見としては上記のようにまぁ平凡な感じですね。
大したこと言ってませんね。

こういうのって、
こっそり心の中で思って仲間内で話してるよりは、公に言って意見交換したほうが、
チャレンジ派?にも保守派?にも納得いくことになると思いますんで、
あえて乗っかってみました。リンクは張りませんが。
ネットでの脊椎反射的な反応じゃなく、面と向かって話すように、もっと風通し良くいきたいもんです。
好きなことを言い放つのと風通し良くするのは違いますので念のため。
というわけで、続きはmixiになりますがこのへんで
…とか勝手に書いてみましたyo!(事後申告)

あ、改めて言っておきますが、自分はそのうち試す予定です。お金と時間次第ですが。
だって面白そうだもの。
TR-011ツーリストとか、TY-Zスコティッシュが無ければ生まれてこなかった奇跡のタイヤ
これを試さない手はないですね。
全ての道具は楽しむためにある、というのが自分の信条ですので。

Tublissでの低圧運用も流行ってきてるし。
アメリカの掲示板とかみても、IRC TR011使ってる人は多いみたいです(性能志向だとMichelins X-11)

はてなブックマークに追加 別窓 | オフロード | トラックバック(0) | コメント(6) | top↑
モトパーク森が結構いいかもはてなブックマークに追加

2009-09-27 22:24
秋祭りの帰りにモトパーク森にいってきました。
えーと、福島のあたり。
一応、帰り道ってことで。

前に、2回ほど8耐のときに行ったんですが。
というわけで、一応モトクロスコースもエンデューロコースも走ってます。
8耐のときの林間は、普段は走れません。

モトクロスコースは、ダイナミック。いやホント。
いきなりの大坂は迫力あるし、そのあとも飛びやすい良いジャンプが多いし。
あ、飛ばないですけどね。YZ250ですが。
そこから奥にいくと、さらに一気に登ってまた下る、って感じ。
かなり迫力あります。
ゆっくりですけどね。YZ250ですが。

エンデューロコースは、高さがダイナミック…
あれ、落ちたら危ないです。。。回収不可能?
けどコースの長さ、延々と上り下りする感じは他では無い感じ。
そこそこのペースで延々と走り続けるのにいいかもしれません。

あと、横にセクション系のところがあって、そこで遊ぶのも面白い。
デコボコしたところでトライアルごっこで1日遊べます。

そして何よりFMXのramp.
いや、飛びませんが。バイクはYZ250ですが。
丁度FMX系の人たちが来て練習していたので、昼飯食いながら練習見てました。
いや、すごいっすね。
練習だけでお金が取れますよ。
確実にいるわけではありませんが。
だったら自分で飛んでみるのもありってことで。YZ250ですから。

そんな感じでモトパーク森、けっこうアリかもしれません。
ちょっと遠いですが。
飛びませんが。えぇ、決して。

はてなブックマークに追加 別窓 | オフロード | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
エンデューロは自己責任&深山でDNFはてなブックマークに追加

2009-08-24 00:24
とか書くとなんか重そうなタイトルですが。

エンデューロって自己責任が大事だと思うんですよ。

深山クロスでリザルトはDNFだったんですが、別にトラブルでリタイアしたわけじゃなくて。
6周しかしてないのに、7周だって言われて回収されたからだったりします。

まぁ、でもこれって仕方なくて。
・遅れてたので、みんなゴールしはじめる時間だった
・遅れてからはかなりグルグル回ったので、そうなのかも?と思った自分
・言われて「え?違うでしょ?」とおもったけどそのまま押し切られた自分
・どうせ入賞とかないし、と確認しなかった
・どうせ翌日走るし、って気持ちがあった
とか、自分に責任があること。

こういうことで周回チェックとかのボランティアの人に負荷かけてもしょうがないので、
・自信を持って周回をチェックしておくこと
が大事。
特にポイントがかかっていたりするときは、しっかりと把握しておきましょう。

ま、自分はAクラスだからBの周回数は走ってるし~、別に、とか。
そんないい加減な自分ですが。
自己責任だし…別にいいかな…とか。
そんな単純な脳。

はてなブックマークに追加 別窓 | オフロード | トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
| 転倒日記 | NEXT
FC2 Management